INSTRUMENTS

X線分析

農学研究科 [A-2]単結晶X線構造解析装置

単結晶X線構造解析装置
保有部局 農学研究科
設備等番号 A-2
設備等名称 単結晶X線構造解析装置
メーカー ㈱リガク
購入年月 2010年3月
設置場所 農学部総合館 S-005
仕様・特徴

【装置仕様】
X線源:CuKα, MoKα
出力:5.4 kW
検出器:湾曲型イメージングプレート
測定可能な試料形態:結晶、フィルム、繊維、バルク、粉末、懸濁液など

【特徴】
広いダイナミックレンジのイメージングプレートにより、長時間露光でのX線回折測定が可能。有機・無機低分子結晶やタンパク質・高分子結晶、多結晶の結晶構造の決定に加え、様々な固体の配向性・配向度を評価することができる。

問合せ先 農学研究科森林科学専攻 久住
kusumi.ryousuke.3u@kyoto-u.ac.jp
備考

学内者のみ利用可能。
利用はエックス線等装置の取扱い又は管理に従事するための登録を受けている者に限る。利用の前に操作方法などに関する指定の講習を受け、測定の際にはフィルムバッジを着用すること。