INSTRUMENTS

質量分析

農学研究科 [A-9]シングル四重極誘導結合プラズマ質量分析計

シングル四重極誘導結合プラズマ質量分析計
保有部局 農学研究科
設備等番号 A-9
設備等名称 シングル四重極誘導結合プラズマ質量分析計
メーカー 米国サーモフィッシャーサイエンティフィック社
購入年月 2018年2月
設置場所 農学部総合館 N-362
仕様・特徴

必須金属類や有害金属のppbレベルを下回る高い感度と幅広い濃度範囲での分析が可能である。したがって、多種の金属類の同時分析ができる。コリジョンリアクションセルが搭載されており、すべての金属類をヘリウム運動エネルギー弁別(He KED)モードで測定することで、複数の多原子干渉を除去できる。また、金属類によっては、安定同位体の測定も可能であり、安定同位体金属をin vivoトレーサーとして用いる試験に用いることができる。液体クロマトグラフも接続可能となっており、生体成分などに含まれる金属類の形態ごとの分析も可能である。
原則として、利用者自身が前処理、機器操作およびデータ解析を行う。

問合せ先 農学研究科応用生物科学専攻事務
agri-seibutsu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp