INSTRUMENTS

核磁気共鳴

農学研究科 [A-5]固体専用超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置

固体専用超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置
保有部局 農学研究科
設備等番号 A-5
設備等名称 固体専用超伝導フーリエ変換核磁気共鳴装置
メーカー 米国バリアンインコーポレーション社
購入年月 2010年3月
設置場所 農学部総合館 S-029
仕様・特徴

【装置仕様】

磁場強度:9.4 T(1H:400 MHz)
プローブ:4.0 mmφ二重共鳴MASプローブ
MAS速度:〜15 kHz
対応核種:15N〜31P(LF)、1H(HF)
測定可能な試料形態:粉末、フィルム、繊維、懸濁液、高粘性試料など

 

【特徴】
核磁気共鳴現象を利用して、様々な化合物の分子鎖構造・高次構造を固体のまま解析することが可能。CP/MASや緩和時間などの汎用測定のほか、MQMASやHETCORなどの二次元法も利用できる。

問合せ先 農学研究科森林科学専攻 久住
kusumi.ryousuke.3u@kyoto-u.ac.jp
備考

利用の前に指定の講習を受けること。